発表会のウイルス対策について

コロナウィルス感染、拡散防止の為WHO、厚生労働省からの情報に注視しつつ、以下の様な対策を行います。

開演前の対処としまして座席、手すり、ドアノブなどにアルコール消毒した上で開場致します。

予防対策としてやれる事はしつつ1番重要なのはご自身の心の状態を不安や心配、恐怖心を持たない。明るい気持ちで免疫力を落とさない事がとても大事です!

  1. 身体が怠い、熱っぽい、咳、くしゃみが出るなどの風邪の症状がある方は、ご入場はお控え下さい。
  2. 花粉症などでも咳が出る可能性がある場合マスクをお持ちの方は着用、またはハンカチなどで口を押さえてください。(マスクお持ちの方はご持参下さい)大人サイズの物を多少ご用意しております。
  3. 入り口手前にてアルコール消毒をした上でご入場願います。
  4. スタッフが拡散防止の為マスク着用する場合がございますのでご了承下さい。
  5. 終演後、出演者とロビーでの面会は取り止めと致しますので、プレゼント等お渡ししたい場合は、開演前、休憩中にご家族にお渡しするか、1階受付カウンターへお預け下さい。
  6. 大ホールの換気については今回特別に開演ギリギリまでは扉を開けておきます。
    休憩時間は扉を開け、数分間、緞帳を上げた上で搬入口を開け換気を促します。
    (座席が全て舞台に向かっており、対面で無い、会話をしないと言う点で感染リスクは多少抑えられます。
    日本の劇場、映画館は法令により他国に比べて厳しく換気、加湿が定められている事から帝国劇場など3/20以降や4月より再開する施設が増えて来ている事などをご承知下さいませ。)
  7. 今後、状況を見ながら予防対策のより良い方法がありましたら変更する場合もございますので、ホームページをご覧下さい。

不安や恐怖心を少しでも和らげられる様、発表会を見ていただく事で心明るく、穏やかになれます様、主宰者並びに出演者一同願っております。

ページトップへ